2018年05月09日

吠える麻生太郎に黙る安倍晋三、やはり日本は蚊帳の外


開いた口が塞がらないほど飽きれてしまうのが、この男。
 
“セクハラ罪”という罪はあるかと言うから、『ないと思いますよ』と。“セクハラ罪”という罪があると思っている方の発言ですか、よく分かりませんが。“セクハラ罪”という罪は、罪としては親告罪であって、まだ訴えられているって話も伺っていませんから、私どもとしては“セクハラ罪”という罪はないということで、事実を申し上げただけです」 
 
性懲りもなく「セクハラ罪という罪はない」と「事実を言ったまで」と言い訳しながら居直り「(セクハラは)親告罪で、訴えられなければ罪ではない」と、珍妙な持論を開陳していた。
 
ここまで馬鹿をさらけだせるということは、想像を超えた無知なのだろうが、「訴えられなければ罪じゃない」という発想は、法としての縛りはないものの人として守らなければいけない社会規範そのものを否定していることになる。
 
ましてや、自民党の「魔の3回生」議員とはレベルが違う、内閣ナンバー2の要職にいる男である。
   
遂にツイッターで「#アソハラ」というハッシュタグが生まれていた。 
漢字は正確に読めないが、ひとたび口を開けば「舌好調」になってしまう麻生太郎財務相。
朝日新聞からも社説で、「麻生発言 なぜ首相は黙っている」と書かれる始末。
 
それにしても、当時の麻生内閣は支持率を18%まで下げ続け自ら解散もできずに任期満了の総選挙で民主党に政権を奪われたという過去の事実があるのだが、そんな男がまさにキングメーカー気取りの自由奔放な振る舞いをしていること自体が不思議であると、この夕刊紙は書いている。
  
<何十年も暴言連発…麻生太郎を辞めさせられない摩訶不思議>
 2018年5月7日 日刊ゲンダイ
・・・前略・・・
 被害女性を貶める発言をするたびに国民から批判を浴びたのに、性懲りもなく、また「セクハラ罪はないんですよね」と口にしているのだから、この男はもう処置なしだ。どうしようもない。
 実際、麻生の女性蔑視ぶりは度を越している。たとえば、2006年の講演では女性の“性被害”についてこう発言している。
「夜、日比谷公園で女が一人で歩いている。考えられない。しかも、そこそこの顔をしているやつでも襲われない」
 これって、女性が夜、一人で歩いていたら襲われても当然、美人ほど襲われると言っているようなものだろう。
 さらに、選挙の応援演説では「婦人に参政権を与えたのが最大の失敗だった」と、とんでもないことまで口にしている。女性に人権は不要と言っているのも同然である。しかも「与えた」と上から目線だ。
 いったい、この男の精神構造はどうなっているのか。
「麻生さんの根底にあるのは、『オレ様は選ばれた人間だ』『下々の者とは違う』という選民意識でしょう。女性蔑視だけではない。国税庁の佐川宣寿前長官を『佐川、佐川』と呼び捨てにしたのが象徴です。その一方、佐川辞任を求める抗議デモを『普通じゃない』と切り捨てている。ハナから国民の声を聞く気がない。常に上から目線です。自分が一番偉いと思っているのでしょう。国会でも、野党をバカにしたように、いつもニタニタと笑って質問を聞いています」(法大名誉教授・五十嵐仁氏=政治学)
 この男の品性は下劣すぎる。
自民党全体が麻生と同じ女性蔑視なのか
 なぜ、こんな男が偉そうにしているのか。
 そもそも、麻生は、かつて無能なために首相の座を追われたような男だ。失言、暴言を繰り返し、「未曽有」や「踏襲」という簡単な漢字さえ読めないことが国民にバレてしまった。
 特に酷かったのが、経済運営だ。国民の財産が、どれほど吹っ飛んだことか。麻生政権時代、東証1部だけで時価総額130兆円が消え失せ、上場企業29社が倒産している。GDPは年率換算12・7%も下がってしまった。
 さすがに国民の怒りを買い、日経新聞の調査では、「支持しない」が調査開始以来最悪の80%を記録し、朝日新聞の調査では「麻生首相、早く辞めてくれ」が71%に達した。
 それでも未練たらしく政権にしがみつき、最後は事実上の“任期満了選挙”に追い込まれ、歴史的大敗を喫して野党に転落している。普通に考えれば、とっくに政界を引退していておかしくない。
 なのに、財務大臣として復活し、いつの間にか国政のど真ん中でふんぞり返っている。どうして、こんな男が何十年も政界に居座っていられるのか摩訶不思議だ。
 しかも、これだけ財務省のスキャンダルが噴出しているのに、本人は財務大臣を辞めるつもりはサラサラなく、安倍も「組織を立て直す責務を果たしてもらいたい」と更迭する気がない。なぜ辞めないのか、辞めさせられないのか。
「安倍首相にとって、麻生さんは政権を支える盟友であり、野党からの追及をかわす弾よけなのでしょう。更迭したくてもできないのだと思う。それよりも大きいのは、自民党議員の多くが、麻生さんと同じ考え方だということでしょう。体質が同じだから、党内から『辞めるべきだ』という声が上がらない。事実、セクハラ事件について、下村博文元文科大臣も『女性記者にはめられた』と、まったく同じ発言をしている。自民党議員の多くが、特権意識を持ち、女性を蔑視しているのではないか。それに、メディアも麻生さんに甘すぎます。中には『親分肌』などとヨイショするメディアまである。麻生さんが辞めようとしないのは、そういうことでしょう」(五十嵐仁氏=前出)
■本気で「キングメーカー」を狙っている
 しかし、このまま麻生が居座るなど許されない話だ。
 なにしろ財務省は、昭恵夫人が名誉校長をしているという理由だけで、国有地を8億円もダンピングして森友学園に売った上、公文書まで改竄しているのだ。しかも、自殺者まで出している。加えて、事務次官はセクハラまでしていた。
 トップの財務大臣が責任を取らないなんて、あり得ないことだ。
 今週から国会審議に復帰する予定の野党は、なにがなんでも麻生のクビを取らないとダメだ。
「国会審議に戻る野党は、真価を問われますよ。経産省の柳瀬唯夫審議官の参考人招致を理由に審議に戻ったはいいが、ほかに成果がゼロだったら、『なんのために国会を空転させたのか』と国民から批判されるだけです。絶対に麻生大臣を辞任に追い込まないといけない。もし、居座りを許したら、日本の国政と行政は、なんでもありになってしまう。公文書を改竄してもトップが責任を取らなくてもいいとなったら、この国は終わりですよ」(政治評論家・本澤二郎氏)
 ふざけたことに麻生は、「キングメーカー」として政界を支配することを本気で考えているという。安倍が秋の総裁選に出馬してもしなくても、最大派閥の細田派(94人)と第2派閥の麻生派(59人)が手を組めば、意中の人物を首相に就けられると計算しているというのだ。
 いずれ岸田派(47人)と合流するという話も流れている。もし、岸田派と合流して106人の最大派閥になったら、本当に麻生太郎の天下になってしまう。
 しかし、かつてあまりにも無能なために政権を追われたような男が「キングメーカー」なんてブラックジョークだ。上から目線で国民を見下し、女性を蔑視するような男が政治の実権を握ったら、国民のための政治は永遠に行われない。これ以上、あのニタニタ笑いを許してはいけない。野党は一歩も引いてはダメだ。
 
オジサンは以前もつぶやいたのだが、麻生太郎が開き直って財務相の座に居座り続けることで内閣支持率低下に拍車がかかるわけで、そうなればおのずと安倍晋三とペアで国民の前から退場することになる。
 
世論の声を背景に今後野党がとこまで安倍政権を追い詰めることができるか、このまま逃げ切らしてしまえば野党は存在価値を失ってしまうであろう。
 
さて、今日は日中韓首脳会談が開催されるそうだが、米朝首脳会談を控えて金正恩が精力的な外交を行っているので、いまいち注目度が低い。
 
なにしろ南北首脳会談に関しては、安倍晋三の本来の思惑通りには事が運んではおらず、むしろ北朝鮮と韓国が共同して、日本に過去の清算を迫ってくることに危機感を強めているからである。
 
安倍政権になってから、日米同盟の「深化」がことさら喧伝され続けてきたが、それはあくまでも日本独自の外交で東アジアの平和を構築するという発想もなければ度胸もないため、ひたすら米国の「核の傘」にすがるためであった。
 
そして、日本が米国の「核の傘」の強化を要求した「米国の戦略態勢に関する議会委員会」の議事録が、その後日本側の要請で改ざんされたらしいという。
 
<「核の傘」強化要求 「日本」→「同盟国」に 米議会議事録 日本政府が隠ぺい工作か>
 2018年5月9日(水) 赤旗
20180509_akahata.jpg
米上院軍事委員会公聴会(2009年5月7日)の議事録。当初は「日本の代表が」となっている箇所が「我々の同盟国の一つの代表が」に変わっています
 
 オバマ前米政権の「核態勢見直し」(NPR)策定に向けて米議会が設置した「米国の戦略態勢に関する議会委員会」(戦略態勢委員会)による米議会証言のうち、日本を名指しした箇所が改ざんされている可能性が浮上しました。日本国内での反発をおそれ、米国の「核の傘」強化を求めた日本側の見解を隠ぺいする狙いがあったものとみられます。
 戦略態勢委員会の委員は2009年5月7日、米上院軍事委員会公聴会に出席しました。このうちジョン・フォスター委員は、複数の同盟国から意見聴取を行ったところ、米国の「核の傘」の信頼性についての疑問が出たと証言。その代表例として日本を名指しし、「特に日本の代表は、米国の『核の傘』としてどんな能力を保有すべきだと自分たちが考えているかについて、ある程度まで詳細に説明した。ステルス性があり、透明で迅速であることだ。彼らはまた、堅固な標的に浸透できるが、副次的被害を最小化し、爆発力の小さな能力を望んでいる」と述べました。
 本紙は公開されていた議事録を入手して同年9月3日付で報道。日本共産党の井上哲士議員も同年11月19日の参院外交防衛委員会でこの証言を取り上げていました。
 ところが、今年3月、井上議員室が米政府印刷局のデータベースでこの議事録を確認したところ、フォスター氏の証言のうち「日本の代表は」の部分が「われわれの同盟国の一つの代表は」との文言に差し替えられていました。
 米国の核態勢をめぐっては、米科学者団体「憂慮する科学者同盟」のグレゴリー・カラーキー氏が、戦略態勢委員会の意見聴取に対する日本側の文書発言(09年2月25日付)や議事概要を入手。本紙3月4日付が報じ、波紋を広げました。文書発言の内容とフォスター氏の議会証言は一致しています。
 カラーキー氏は「議会議事録の変更は通常ありえないが、不可能ではない」として、特別な手続きを取れば可能との見方を示しています。
 二つの議事録を比較すると、細かい変更がところどころありますが、内容に関わる変更は「日本」が「同盟国の一つ」という文言に変更された箇所だけです。日本政府は、意見聴取で見解を述べたことは認めているものの、詳細は明らかにしていません。
解説
「核依存」 国民の批判恐れ
 「われわれが今聞いたことは、びっくりさせるものだ」。2009年2月25日、水上発射型核巡航ミサイル・トマホークの代替兵器や地中貫通型兵器など具体的な兵器名をあげて米国の核態勢強化を求めた日本政府関係者の発言に対して、米議会の諮問機関「戦略態勢委員会」の委員がもらした感想です。
 日本からの意見聴取の内容はもともと公開を前提にしたものでした。だからこそ、1面報道のように、委員の1人が同年5月7日の米上院軍事委員会で日本の発言内容を具体的に証言したのです。
 ところが、意見聴取の内容はその後、日本側の要請で非公開にされたことが明らかになっています。これと並行して、上院軍事委員会の議事録から「日本」という文言が削除され、「同盟国」に差し替えられたのです。こうした経緯から、意見聴取の内容を隠すよう求めた日本側の要請が、議事録書き換えにつながった公算は高いといえます。
 なぜ隠すのか。世界で唯一、原爆の惨禍を経験した日本国民の圧倒的多数は核兵器廃絶を強く望み、世界の反核平和運動をリードしてきました。こうした世論や運動と、米国の同盟国の中でも突出した「核の傘」依存の政府の姿勢は相いれず、国民の強い批判を恐れているからです。
 09年の意見聴取での日本側の発言は、その後の米国の核政策を大きく左右しました。意見聴取を踏まえ、10年から「日米拡大抑止協議」が開始。日本は米国の「核抑止」強化を正式に要求するようになりました。ここでの議論が、アジア地域での核戦力の大幅な強化を掲げたトランプ政権の核態勢見直し(NPR=今年2月公表)につながっています。
 さらに懸念されるのは、朝鮮半島の非核化プロセスでの日本の役割です。安倍晋三首相は「完全な非核化」を盛り込んだ南北首脳会談の「板門店宣言」を高く評価する一方、4月18日の日米首脳会談では、軍事的な選択肢を含む「全ての選択肢」への支持を表明しています。
 日本が今後も米国の核に過度に依存し続ければ、朝鮮半島情勢に否定的な影響を与える可能性もあります。
 
当初は5月中旬頃といわれていた米朝首脳会談がどうやら6月になるという報道がされ、北朝鮮の金正恩が2度目の中国訪問を行い習近平と会談し、米国のハードルが高すぎるとトランプに言ってほしい、との要請をしたのではないか、と報道されていた。

ツイッター主の、「体制保証と不可侵条約 - 文在寅と米保守派とのヘゲモニー争い」によると、米朝は水面下でこんな交渉を続けているという。 
 
米国の北朝鮮に対する要求に対しては、おそらく北朝鮮は、最初にどんどん米国の要求を受け入れ、想定していた以上の満額回答を与えたのだろ
 
そして、「北朝鮮が米国に求めている体制保証の具体的措置とは『相互に相手国に対して侵略行為を行わない事を国際的に約束し、条約によって明文化するもの』というものであり、前時代的で前世紀的な響きのする言葉であり、いかにも北朝鮮らしい古典的な外交形態だが、これを米国との間で即時締結することが、北朝鮮の第一の狙いであり、核完全放棄の見返りに求めている内実なのではあるまいか
 
しかしながら、相手の米国政府の方は、不可侵条約などというアイディアは全く奇想天外で、そんなものを他国と結んだ経験も前例もないし、真面目に要求されたことも検討したこともない。第二次大戦前の歴史上の知識でしかなく、米国の外交政策の範疇になく、国務省の関係者は戸惑うばかりだろう。米朝交渉はそこで行き詰まって膠着しているのではないか
 
これが、金正恩の2度目の中国訪問になったと分析していた。
 
いずれにしても一連の動きに関して日本は入り込む余地が全くなく、今日の日中韓首脳会談で、あいかわらず「司令塔の役割」などという思い上がった虚勢を示せば、日本はますます「蚊帳の外」から大気圏外に置かれてしまうかもしれない、とオジサンは思う。

posted by 定年オジサン at 12:43| 神奈川 ☔| Comment(0) | 米朝首脳会談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする