2018年05月11日

相羽高徳のファンタジーな世界-1


日本のアートディレクター、空間プロデューサー、MAZE(メイズ)アーティストそして株式会社グラフィクスアンドデザイニング代表取締役会長兼社長と株式会社東京妙案開発研究所代表取締役社長でもある相羽高徳(Takanori Aiba)。
 
2011年には「盆栽」と「迷図」を掛け合わせ独特の世界観を表現した「BONSAI」を作成し、海外から高い評価を得た。  
 
盆栽とSFが融合した冒険と迷宮のミニチュア。 
 
美しい盆栽と、何時間見ていても妄想できそうなSFのミニチュアが融合、しかもなんという美しさだろう。
 
今日から来週の火曜日まで遠地に出かけています。
 
その間は、いつもの「つぶやき」はお休みしますが、代わりに毎日、相羽高徳のファンタジーな世界をお届けします。
 
【相羽高徳のファンタジーな世界-1】

2018_05_11_01.jpg
 
2018_05_11_02.jpg


posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする