2017年03月05日

ロッキード事件とは本質的に異なるアッキード事件

昨日、「メディアも目覚め始める底なしの森友学園疑惑」の中で紹介した日本経済新聞Web版読者向けアンケートのその後の結果はこうなっていた。
  
(1)大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得問題の真相解明に関し、あなたはどのように考えますか
A.会計検査院の審査で十分だ・・・・・・・25.2% ⇒ 23.6%
B.政府や自民党内で調査すべきだ・・・・・ 6.8% ⇒ 6.8%
C.関係者を国会に参考人招致すべきだ・・・65.9% ⇒ 67.3%
D.その他・わからない・・・・・・・・・・2%   ⇒  2.2%
(2)森友学園は大阪府からの認可を経て、4月に小学校「瑞穂の国記念小学院」を開校する予定ですが、あなたは大阪府がどのように対応したらいいと考えますか
A.認可判断を先送りにした方がいい・・・・30.7% ⇒ 28.3%
B.現段階で認可と判断した方がいい・・・・ 7%  ⇒  6.5%
C.現段階で不認可と判断した方がいい・・・60.1% ⇒ 62.8%
D.その他・わからない・・・・・・・・・・ 2.2% ⇒  2.3%
(3)安倍内閣を支持しますか、しませんか
  「する」・・・・・・・・・・・・・・・42.8% ⇒ 40.7%
  「しない」・・・・・・・・・・・・・・57.2% ⇒ 59.3%
 
明らかに「関係者を国会に参考人招致すべき」で、小学校「瑞穂の国記念小学院」は「現段階で不認可と判断した方がいい」が増加しており、予想通り、安倍内閣の不支持率も60%に近づいている。
 
先週の日曜日に「嘘を重ねれば最後は自滅する」の中で「遂に、ツイッターの世界では「#アッキード事件」というハッシュタグが出現した。」と書いた。
 
その関連ツイッターの最初は2月24日頃であった。
 
それ以前に誰かが命名したのであろう「アッキード事件」。
 
ネット上で騒いている分には大した問題にならないが、これをまともに国会の質問の中で使ってしまい、炎上していた国会議員がいた。
 
少々、受けを狙いすぎた感があり、追及の矛先が曖昧になってしまった。
 
渦中の人に対しては、こんなまとめサイトが登場している。
 
安倍昭恵氏の5人の秘書報酬が年間2880万円!森本学園に共感してたのに被害者ヅラ!
 
この5人の秘書たちの素性は、「「彼女たちは“総理夫人付き”と呼ばれ、官邸の5階に専用の部屋を持っています。主な業務は、昭恵さんのスケジュール管理や移動手段の確保、関係各所への事務連絡など。役割は国会議員の秘書とほとんど変わりませんが、ここまで多くの総理夫人専属スタッフが付いたのは過去にも例がありません」という年収580万円の女性官僚。
 
どこから見ても「安倍昭恵」は限りなく公人に近い存在であろう。 
 
そのお世話係たちはこんな名刺を持っているという。
こんなできそこないのファーストレディーのお世話をする有能な経産省や外務省出身の女性官僚たちの心情を察するに余りある。
 
「アッキード事件」という合成語の語源が言うまでもない「ロッキード事件」だが、全く知らない幼いネット民も多いはずであるが、極めて単純化すれば、こんな感じであろう。そして、騒がれている金額は「ロッキード事件→5億円、森友学園疑惑→8億円」でふつうは政権が飛ぶような金額なのだが、根本的に異なるのはロッキード事件では、ロッキード社が田中角栄元首相に5億円を渡さした事件であったが、今回の森友学園疑惑では、安倍晋三首相以下の閣僚や国会議員らに8億円が渡ったわけではない。
  
だからといって、決して許されるものではないことも事実である。
やはり明らかになっている事実を1つづつ積み重ねなくではならない。
 
<森友学園 賃料、不自然な減額 国側、3カ月で判断一転>
 毎日新聞 2017年3月5日 02時37分
20170305baikyakukeii.jpg
大阪府豊中市の国有地を巡る経緯

 大阪市の学校法人「森友学園」が取得した大阪府豊中市の国有地を巡る問題で、国が「土地に元は池沼だった部分もあるが、価格への影響は考慮しない」とする不動産鑑定を基に賃料を決めながら、学園側に促される形で約3カ月後にやり直した価格調査で判断を一転させ、池沼部分の存在などを理由に大幅に賃料を減額していたことが分かった。国は不動産鑑定の後に工事費がかさむ軟弱地盤と判明したためと説明しているが、根拠としたのは不動産鑑定の約3カ月前に学園側が実施したボーリング調査結果だった。
 小学校開校を目指す学園は、豊中市内の国有地(約8770平方メートル)に着目した。2013年9月、国有地の取得公募に応募し、一定期間の貸借後に土地を購入する形で取得することになった。
 国有財産を所管する財務省近畿財務局の依頼で、大阪市内の不動産鑑定士事務所は15年1月9日、賃料は年間約4200万円が適当と査定した。鴻池祥肇(よしただ)参院議員事務所の陳情記録では同日、森友学園の籠池泰典理事長が「高すぎる。何とか働きかけしてほしい」と相談し、2000万〜2300万円の賃料を希望したとされる。事務所側は便宜を図ったことはないとしているが、その後の財務局との賃料交渉は学園側のペースで進んだ。
 賃料約4200万円の根拠は、不動産鑑定士事務所が作成した評価書だ。問題の国有地はかつて池沼や田があった場所だが、価格への影響は考慮する必要はないと判断した。しかし財務局は約3カ月後、学園側からボーリング調査結果を示されたことなどを理由に、同じ鑑定士事務所に「価格調査報告書」を作成させた。報告書では池沼があったことを考慮すると判断を変え、ボーリング調査結果も踏まえて賃料を約3600万円に減額した。
 ただ、このボーリング調査は1月の評価書が作成されるより前の14年10月時点のデータ。価格設定を巡る国と学園側との交渉は不可解な経緯が多く、国会審議で追及している民進党からは「なぜ15年1月の評価書を作る際に反映させなかったのか」と疑問の声が上がっている。
 財務局と学園は15年5月に貸し付け契約を結ぶが、この2回の査定を経て賃料は年2730万円まで下方修正され、学園側の希望額に近づいた。一連の価格評価について国は適正な対応だったと強調するが、野党は「学園の要望に沿う形で、できるだけ賃料を安くした疑いが強まった」としている。【服部陽】
 
ところで、話変わって最近は都市部にすむ鳥たちに異変が起きているという。
 
ゴミをあさるカラスが東京都心から消え、ツバメやスズメなども数を減らしており、カラスの場合は対策が進んだためだが、ツバメやスズメは古い住宅やビルが減って巣に適した場所がなくなってきたことも大きい。
 
一方で、オオタカといった猛きん類やカワセミなどは都市に戻っているらしい。
 
政界でも似た現象が現れている。 
 
森友学園疑惑の登場人物はそろって日本会議に連なる人脈であるからである。
 
森友学園の籠池泰典理事長による政界工作の一端が先週末新たに発覚した。
 
鴻池議員に籠池理事長を引き合わせたのは、元秘書だった黒川治兵庫県議で、13年に知人を通じて知り合った籠池理事長から橋渡しを依頼されたという。
 
もうひとりは、大阪維新の会の中川隆弘大阪府議。14年に豊中市内で籠池夫妻と会い、「認可が出るか出ないかなので、協力してほしい」と頼まれ、府に審議状況を確認したという。中川につないだのは安倍の地元である山口県の松浦正人防府市長だ。
 
ベストセラー「日本会議の研究」の著者である菅野完はこう指摘している。
 
「森友学園疑惑に登場する人物は、安倍首相の支持基盤である保守系団体の『日本会議』の人脈につながります。籠池理事長は大阪幹部で、鴻池元大臣は国会議員懇談会、黒川県議は地方議員連盟のメンバー。松浦市長は自虐史観を排した新しい歴史教科書の採択を目指す『教育再生首長会議』の会長です。日本会議の外郭団体の『日本教育再生機構』を通じて大阪府内の公立校の教科書採択に影響力のあるキーパーソンでもあります」
 
だから、森友学園疑惑の不気味なところは、根っこに贈収賄があった政界疑獄に発展したロッキード、東京佐川急便、リクルート事件と、森友をめぐる構図は本質的に異なるからである。
 
便宜供与を求める側はカネがないにもかかわらず、小中高をそろえた総合学園を描いていたという籠池理事長は、まずは小学校新設を計画し、用地は見つけたものの、資金が足りないので、鴻池事務所の陳情記録にあったように「土地評価額を低くしてもらいたい」「高すぎる、何とか働きかけてほしい」などと、露骨に頼み込んでいた。
 
園児の父兄らとの関係も険悪となり、一部の父兄からは訴訟もおこされているため、幼稚園は政治家にとって集票マシンとしても機能しないし、見返りを差し出せない森友学園がなぜ、便宜を得たのかということについては金子勝立正大名誉教授はこう解説していた。
 
「銭金の問題ではなく、安倍首相の政治姿勢に共鳴するグループを権力が守る構図が透けて見えます。新設小学校の教育方針は戦前の教育勅語を実行で、安倍政権の方針とピタリと合致する。つまり、国家存亡の機になれば、国のために命を捧げる国民の育成です。森友学園でそうした教育システムを確立し、全国展開すれば、安倍首相の目指す美しい国づくりにつながる。森友学園はアベ教育改革の突破口に位置付けられたのではないでしょうか」
 
一部の閣僚は交代しているが主要閣僚は2年前と変わらず、全体的にも安倍内閣はほとんどが「神道政治連盟」に属しており、さらには「日本会議」のメンバーでもある。  
 
20170305abenaikakusintourenmei.jpg

 
興味深いのは、園児に「教育勅語」を暗唱させていた塚本学園の籠池理事長に、「安倍首相の政治姿勢に共鳴するグループ」が組織的に便宜を図ったのだろうが、そもそも教育勅語は儒教道徳がベースであり、その儒教は「共鳴するグループ」と学園理事長が忌み嫌う古代中国の聖人、孔子(こうし)・孟子(もうし)の言行録に基づいているということを知らないのであろう、とオジサンは思う。

posted by 定年オジサン at 12:32| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 国有地売却疑惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長野県の防災ヘリ墜落3人重体

無謀登山と言うなら防災ヘリ3機の墜落はすべて無謀運航でした。
Posted by 長野県の防災ヘリ墜落3人重体 at 2017年03月05日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447616551
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック