2017年05月01日

末広がりの第88回メーデー

「メーデー」とは本来5月祭を意味し、歴史的にはこの日に夏の訪れを祝う祭がヨーロッパの各地で催されてきた。
 
この祭では労使双方が休戦し、共に祝うのが慣習であったが、これが近代に入り現在の「メーデー」へと転化し、今日の「労働者の日」メーデーが誕生した。
 
労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日に米国カナダ職能労働組合連盟(後のアメリカ労働総同盟、AFL)が、シカゴを中心に8時間労働制要求(8-hour day movement)の統一ストライキを行ったのが起源であり、1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」を目標に行われた。
 
日本では、1920年5月2日の日曜日に第1回のメーデー(主催:友愛会 司会者:鈴木文治)が上野公園(現在の東京都台東区)で行われ、およそ1万人の労働者が「8時間労働制の実施」、「失業の防止」、「最低賃金法の制定」などを訴えた。
 
翌年からは5月1日となり、開催地や参加人数も増えていった。
 
1960年代後半には総評、同盟、中立労連、新産別の4大ナショナルセンター時代になるが、幾度と無く労働戦線統一の動きはあったが、その運動には盛り上がりに欠けていた。
 
そんな中でも、1966年以降交流を続けていた左派系労組が1974年に統一戦線促進労働組合懇談会(統一労組懇)を結成。
 
時代は下って1970年代後半からの労働運動の盛り上がりを受けて、4大ナショナルセンターによる全日本民間労働組合協議会(全民労協)が1982年に結成される。
 
これにより戦線統一は一気に進み、1987年に同盟と中立労連が解散、全民労協を母体として全日本民間労働組合連合会(連合、全民労連)が結成され、さらに1988年に新産別が、翌年には総評が解散して、1989年、日本労働組合総連合会(連合)が結成される。
 
これらの流れは同盟の意向に沿ったもので、これらを労働運動の右傾化と批判する左派系の組合は、統一労組懇を母体とする共産党系の全国労働組合総連合(全労連)を、他にも全国労働組合連絡協議会(全労協)を組織した。
 
総評などに所属していた左派系の組合は多数派の連合に加盟するか、連合以外のナショナルセンターに行って少数派となるかのいずれかを迫られ、これによって分裂した組合、そこまではいかなくとも、一部が脱退した組合は多数ある。
 
その後、労働組合の全国中央組織の再編による組織対立の激化で、1989年以降は統一メーデーの開催ができなくなり、日本労働組合総連合会(連合)と非連合系の全国労働組合総連合(全労連)や全労協による分裂開催となった。
 
また、前後がゴールデンウィークで長期休暇を取る例が増え、労働組合活動が低調になってきて参加者数が減少したことを理由に、連合系メーデーは2001年以降4月29日や土曜日に行うようになり、一方で全労連や全労協のメーデーは5月1日開催を続けており、その分裂と対立の構図は解消されていない。
 
毎年4月29日に開始する連合は、今年は、「主催者発表で約4万人が参加 『仕事と生活の両立社会を』 小池都知事もメーデー中央大会に出席」と、一見華々しい集会となったようである。
 
しかし、各ナショナルセンターの大雑把な組織人数はこんな感じである。
 
<連合> :6,753,000人
<全労連>: 550,000人
<全労協>: 101,000
 
即ち、大手企業内労組の集まりの連合は、傘下労働組合にメーデー参加を義務付けるにもかかわらず、600万人以上の組合員の内、メーデー参加者は、組織内人員の0.7%に過ぎない。
 
昨年の全労連系の5月1日の中央メーデーには約2万人という主催者発表だったが、それをもとに計算すれば3.6%の傘下&関連組合が参集したことになる。
  
4月29日に「メーデー」を行う連合とは別に、昨年の第87回メーデーは、1989年の労働戦線統一以来はじめて中央メーデー(全労連系)と日比谷メーデー(全労協系)が連帯あいさつを交換するという歴史的メーデーとなった。
 
本来は、労働組合としてこの2つのナショナルセンターがせめて統一したメーデーが開催できなければ、「野党統一」などと叫べないと思われる。  
 
1920年5月2日の第1回のメーデーから数えて今年は第88回目となる。
 
オジサンは賃金労働者の生活から離れて7年目となり「働く者の団結」の一員から少々距離を感じてきたが、メーデーの基本スローガンの下、自分の子どもや孫たちのためにも、この日本をこれ以上悪くさせないため「数万人の参加者」の1人としてこれから出かけようと思っている。
 
 【メインスローガン】(一部)
◆戦争法廃止!許すな共謀罪!憲法改悪を許さない!
◆市民と野党の共闘で安倍「暴走」政治STOP!
◆なくせ貧困と格差 大幅賃上げ・底上げで景気回復、地域活性化
◆いますぐどこでも最賃1000円に 全国一律最賃制の実現
◆安倍「働き方改革」反対 なくせ過労死 8時間働いて暮らせる賃金を
◆年金・医療・介護など社会保障制度の拡充 消費税10%増税の中止
◆被災者の生活と生業を支える復興 原発の再稼働反対、原発ゼロの日本
◆南スーダンからの自衛隊即時撤退 特定秘密保護法の廃止
◆安倍「教育再生」反対 辺野古新基地建設反対 オスプレイ全国配備・訓練反対
◆核兵器全面禁止条約の実現  
  
20170501mayday.jpg

posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック