2018年09月29日

若い有権者が政治をチャンと考えられなければ未来はない


安倍晋三首相が国連総会と日米貿易関連交渉から帰国したが、国内のネットで話題になっていたのは、「TAG」よりも「セゴ」であった。
さすがに、「良識」と「節度」と「忖度」を備えている日本のマスメディアは、このような些末な誤読などは取り上げず、格調高いタイトルの記事を書いていた。
 
戦後外交『総決算』 首相はロシア・北朝鮮に照準
 
20180928-nikkei.jpg
【日本経済新聞より】

 
(時時刻刻)安倍外交、問われる成果 首脳同士の信頼強調/側近重用し官邸主導」  
 
20180929_asahi.jpg
【朝日新聞DIGITALより】

 
 
さて、沖縄県知事選に関しての少々不安な情報が入っている。
 
先日、沖縄県知事選に応援に現地に入った知人の話しによると、沖縄の若者は基地問題に対して関心が無く、辺野古新基地反対運動にも諦めているようだったという。
 
もちろん、3泊4日程度の、実質2日間の選挙支援運動で「沖縄の若者」とひとくくりに論じることには反論もあるかもしれない。
 
ましてや深夜の飲食接客産業で働く20名ほどの若い女性の言動だけでは判断できないかもしれない。   
 
それにしても、日本中の選挙を追いかけ、取材して選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中の「選挙ウォッチャーちだい」氏の衝撃的な沖縄県知事選のレポートが話題になっていた。
 
<【選挙ウォッチャー】 沖縄県知事選2018・キャバクラ3軒ハシゴして知ったこと。>
 2018/09/27 11:58 チダイズム
あまりにショックを受け過ぎて、この事実をどう表現したらいいのかが分かりません。僕はあまりに沖縄のことを知らなすぎたし、僕は他人よりネトウヨに危機感を抱いている方だと思っていましたが、まったく危機感が足りませんでした。おそらく、昨日の夜のことがあまりにショックすぎて、僕は1冊の本を書くことになるでしょう。これから書くことは盛っている話でもなければ、想像で書いているわけでもない、すべて僕が体験した話です。沖縄のキャバ嬢たちは、いや、キャバ嬢はただの若者の代表に過ぎないので、沖縄で暮らしている7〜8割くらいの若者たちが、ネトウヨが流しているデマに影響を受けており、正常な判断ができない状態になっています。しかも、彼女たちはネットをやっているからネトウヨになっているのではありません。SNSで頻繁にネトウヨの情報に触れているわけでもありません。自分の友達が話すネトウヨのデマを真実だと思っているのです。「みんながそう言っているよ!」なのです。それがどれだけデマであるかを一つずつ説明してみようと思いましたが、まったく聞いてもらえません。「みんながそう言っているよ!」というのは、東京からやってきた観光客がそう簡単に変えられるものではないからです。僕は三度のメシよりかわいこちゃんが大好きで、隙あらば女の子とLINEでつながり、最終的には女の子とつながりたいと考えるタイプの人間ですが、あまりに女の子たちの言っていることがメチャクチャ過ぎて、LINEを聞くことをすっかり忘れ、来る女の子、来る女の子、全員に話を聞いてみましたが、ほぼ8割方の女の子たちがネトウヨのデマに何らかの影響を受け、今回の沖縄県知事選では「佐喜眞淳さんに投票する」と言っていました。その理由は、「玉城デニーさんが当選したら中国が侵略して、沖縄県民が苦しめられるから」です。沖縄県知事選がどのような結果になるのかはわかりませんが、かなり高い確率でインテリジェンスを持ち合わせている人たちが絶望する結果になるのではないかと考えるようになりました。僕は何も見えていませんでした。今年2月の名護市長選で「名護にスターバックスコーヒーが来る」とか「再編交付金で保育園や給食費が無料になる」など、若者たちのクチコミによって日本でも有数の能力を持った市長が敗れるということが起こりましたが、これはSNSの効果ではなく、若者たちがネトウヨのデマを信じた末に起こったことです。どれだけ選挙情勢が「玉城デニーさんが先行」と伝えたところで、選挙情勢には現れない若者たちのクチコミ効果は、非常に絶大です。戦争を知らない若者たちが、戦争の記憶を持っている高齢者たちを軽蔑している。戦争をリアルに考えられないし、考えたくもないのです。よくよく考えてみれば、これだけたくさんの不祥事が溢れ出ても、今なお半分くらいの人たちが安倍政権を支持しているのです。常識的に考えれば「安倍さんのやっていることはおかしいでしょ!」と思うかもしれませんが、今の日本はそんな「常識」なんて通用しないのです。少なくとも今の沖縄は、どっぷりとカルトに染まっているのです。もしかしたら4年かけて、8年かけて、12年かけて、16年かけて、20年かけて、僕の人生のすべてを注いででもネトウヨカルト化した日本を地味にコツコツと立て直していかなければならないのかもしれません。
■ 沖縄の若者たちの約8割がネトウヨに毒されている
沖縄で暮らしている若者たちの約8割がネトウヨに毒されていることがわかりました。しかも、学歴が低く、シングルマザーなどで生活に余裕のない人ほどネトウヨのデマを信じる傾向にあり、「玉城デニーさんが知事になったら中国に占領される」という話をしていました。彼女たちはネットで情報を得たのではなく、友達や知り合いから聞いた話をそのまま信じており、ネットと触れ合っているからネトウヨになったのではなく、友達からのクチコミでネトウヨ化しているのです。玉城デニーさんはアメリカ人と日本人のハーフですが、若者ほど翁長雄志さんの評判は悪く、その理由は「沖縄を中国に明け渡そうとしていたから」です。具体的に、どういうところが中国に明け渡そうとしているのかという話をすると、「沖縄にアリペイ(アリババがやっている電子決済サービス)を導入しようとしているのは中国の侵略だ」と言うのです。商店街などで「アリペイを入れたら儲かる」という話をされるけれど、それらはすべて中国の戦略であると考えているようです。いまや中国では圧倒的に電子マネー化が進み、北京や上海などで現金を使う人はほとんどいません。これだけ中国人観光客が増えれば、中国の電子マネーで決済できた方が便利なわけで、飲食店でクレジットカードが使えると便利なのと同じで、アリペイが使えるようになり、中国人が決済できるお店を検索できるようになれば、当然、中国人観光客がやってくるので、インバウンドを見込むことができるところですが、これが「中国に占領される」という感覚のようです。「同世代で玉城デニーさんを推している人はいないの?」と聞いたら、同世代で玉城デニーさんを推しているのは「ビッドコインで儲かった人たち」だといい、仮想通貨で良い思いをしたので、アリペイを導入したら儲かると思っている人たちが玉城デニーさんを推していると考えていました。
■ 「沖縄2紙が偏っていて、一番正しいのは八重山日報だ」という誤解
総勢20人以上と話したうちの約半分が「沖縄2紙は偏っていて、一番偏っていないのは八重山日報だ」という認識を持っていました。どうしてそう思っているのかを聞いたら「みんな言っているから」で、そう言って回る街宣車が走っていて、そういうのを見ると偏っていると感じるそうです。ただ、その女の子たちは1人を除いて、沖縄タイムスも、琉球新報も、八重山日報も読んだことはありません。「偏っていると言われるから読まない」といい、「沖縄のメディアはテレビも含めて全部が偏っているので、メディアの情報は信じない」と言うのです。さまざまな情報の中からリテラシーを持って判断するのではなく、そもそも情報を遮断する傾向にあるため、ますます認知が偏ってしまうパターンです。たった1人だけ嘘か本当か分かりませんが、「私は新聞を読んでいる」と言ってきた女の子がいて、「どこらへんが偏っていると思うのですか?」と質問したら、「沖縄の新聞は沖縄の話ばっかりやっている」といい、地方紙の役割すら理解していませんでした。また、これも若者たちがよく言うことなのですが、「米兵の不祥事は新聞になるけど、米兵が良いことをしても新聞には載らない。だから、フェアではない」と言うのです。ただ、そもそも新聞というのは事件を載せるものであり、実際に新聞を読んでみると、当然のことながら、日常のさまざまなニュースを載せており、どこかで誰かが飲酒運転で捕まったという話まで載っているのです。日頃からさまざまな事件を報じているけれど、米兵のニュースが話題になってしまうのは、それだけインパクトの大きい事件を起こすからです。先日、読谷村で女子高生が米兵に襲われかけたニュースも、女子高生が窓から逃げて一命を取り留めましたが、どんな事件に発展していたのかは分かりません。全国的に見れば、今日もどこかで殺人事件やレイプ事件は起きているのかもしれませんが、それらの事件は日本の警察が犯人を逮捕し、日本の法律で裁かれ、罪を償うことになります。ところが、米兵の事件は「日米地位協定」によって、米軍からの身柄引き渡しが条件であり、もし身柄を引き渡してもらえなかったら逮捕されることも、日本の法律で裁かれることもないのです。事件が起こるたび、沖縄の人たちが大騒ぎしてきたから、最近では米兵の身柄が引き渡されることになりましたが、昔は殺人やレイプなどの凶悪犯罪をした米兵が何の制裁を受けることなく、のこのことアメリカに帰国し、日本人は泣き寝入りさせられていたのです。だから、米兵の事件に過敏になるのは当然なのですが、若者たちはそれさえ理解していないため、「米兵だけ悪者にされている」と考えており、どうしてそんなことになっているのかと言うと、「基地に反対している人たちが米兵を悪者にしようとしているから」なのです。つまり、戦争の歴史だけでなく、つい最近の事件の歴史さえ、誰一人として理解していないというわけです。
■ 辺野古で暮らしている人は全員賛成である
今回は辺野古出身の女の子にも出会うことができました。その女の子に「辺野古に住んでいる人としては、辺野古基地には賛成ですか?反対ですか?」と聞いてみると、答えは「大賛成」でした。どうして賛成なのかを聞いてみると、「基地ができたら経済が潤うし、軍用地を持っている人たちは何もしないで遊んで暮らしていけるから」だと言うのです。しかし、辺野古基地は海を埋め立てて作られるため、「軍用地」という概念が存在しません。漁業権はとっくに放棄され、「軍用地の権利で遊んで暮らしていける」という人が存在しないのです。その女の子に「あなたの家は軍用地を持っているのですか?」と聞いてみたら、「私たちは持っていないけど、みんながそう言っている」と言うのです。実際には基地に近く、酷い騒音に悩まされ、墜落リスクが高まることもあって、辺野古で暮らしている人たちの土地の価値は下がり、ただでも田舎で買ってくれる人がいないのに、ますます買い手がつかない二束三文の土地に成り下がるだけだと思いますが、「難しいことはよくわからない」なのです。「もしかして騙されてる?」と聞かれましたが、完全に騙されています。ただ、辺野古で暮らしている若者たちは、「賛成している人しかいない」そうで、最後には「本当は私だって基地には賛成じゃないんだよ。だけど、経済の方が大切じゃん!」と言われたのですが、その経済にマイナスの効果しかないのに、米軍が来たら街が潤うと思っているのです。確かに、基地の中でトイレ掃除するアルバイトのおばちゃんの時給が少しだけ高いかもしれませんが、そんな目先の小さなお金のために、地域経済全体としてはマイナスになるようなことをしているなんて、この人たちは本当に大丈夫なのかと思うけれど、僕は青森県六ヶ所村を思い出し、日本の田舎は隅々までやられていることを思い出しました。
■ 玉城デニーさんに投票すると言ったキャバ嬢は唯一の大卒
僕はけっして中卒や高卒だからバカだと言いたいわけではありません。中卒や高卒でも頭の良い人はたくさんいるし、この世には東大卒のアホもたくさんいます。ただ、大卒のキャバ嬢は「大学で沖縄の歴史や平和について学ぶ機会があった」と言い、基地がどれだけバカバカしいものなのかを知っていました。つまり、しっかりと物の分別がつく年齢になってから沖縄の歴史や平和について学ぶ機会があったために、沖縄の置かれている現状をよく理解し、今回の沖縄県知事選を極めて客観的に見ることができたのです。一方、中卒や高卒のキャバ嬢たちの多くが「小学校の時にチビチリガマに連れて行かれた」と話していて、その時にどう思ったのかを聞いてみると「平和学習だと言われてガマを掃除させられたんだよ」と言い、平和について考えるどころではなかったというのです。これこそ「大人の押しつけだ」と感じていて、戦争を体験したこともないのにどれだけ教えられても分かるはずがないのに、それでも教えてこようとしているのは思想を押しつけていると感じるのです。勉強しない子に向かって何度も「勉強しろ」と言い続けているようなもので、物の分別がつく大人になって学ぶ機会がなくなっているばっかりに、若者たちは戦争さえ肯定するようになってきているのです。
■ 選挙ウォッチャーの分析&考察
これほどネトウヨカルト思想が蔓延しているとは思いませんでした。辺野古に住んでいる女の子でさえ、辺野古基地で反対しているのは「送迎されて、お弁当をもらって、給料をもらっている県外の人がほとんど」だと思っていて、「実際に確かめたの?」と聞いたら、「基地の前は何度も通ったことがあるけれど、顔やしゃべり方が明らかに県外の人だった」と言うのです。話しかけたことはないし、確かめたこともないけれど、みんながそう言うからそうに違いないというわけです。こうやって誰も確かめたことがない噂話が、さらにSNSの波に乗って拡散されている現実。そこで見たものを伝えてくれる人がいないのです。だから、必要なのはツイキャスとレポートです。たくさんの人に話しかけ、すべてを可視化できる形で見せ、自分で見たもの、自分で聞いたこと、自分が体験したことをリアルベースで語る「選挙ウォッチャー」が、これほど重要な仕事だと思いませんでした。もっともっとリアルな話をたくさんの人に伝えていきます。
 
この記事のあと、「キャバ嬢だけを見て若者全体の話にするな」とか「8割の根拠がおかしい」とかの批判が多くあったそうで、彼は続編として、「【選挙ウォッチャー】 沖縄県知事選2018・キャバクラ3軒ハシゴ事件の続き。」を発表した。
 
その最後の、 選挙ウォッチャーの分析&考察だけを紹介しておく。
 
キャバ嬢をしている女の子たちは、確固たる根拠を持って誰かに投票しようと思っていません。「両親が3回連続で選挙に行かなかったら選挙権がなくなるって言ってたから、たぶん、私はもう選挙権がない」と言っていた女の子もいたほどで、「私の友達が中国に占領されたくなかったら佐喜眞って人だって言ってたから」という女の子がたくさんいるのです。そして、実は誰一人として、「基地問題の考え方に賛同する」とか「私の実家が土建屋だから自民党に勝ってほしい」といった理由で投票する人はおらず、中国デマ、携帯電話料金デマ、友達に言われたからの3本立てで、正確な情報に基づく判断をしていた女の子はいませんでした。逆に、玉城デニーさんに投票しようという女の子もいましたが、沖縄国際大学卒で平和学習を機に基地問題を考えるようになったという女の子を除き、それ以外の女の子は「おばあちゃんが玉城デニーさんのファンだから」とか「なんとなくデニーかなって。名前が書きやすいし!」という理由で、こちらも確固たる理由はありませんでした。なので、若者たちがまったく政治や選挙に関心を持っていない昨今、デマの拡散力が高い佐喜眞淳さんが若者たちに多く浸透していると感じ、僕のキャバ嬢と接した肌感や若年層の情勢調査から「約8割の若者がネトウヨに毒されている」と書いたのですが、あまりにショッキングな内容すぎて、そこに妙な正確性を求める人が続出してしまったので、「約8割」という数字にエビデンスはないということは書いておきたいと思います。沖縄県知事選がどのような結果になったとしても、若者たちがちゃんと政治を考えられるようにならないと、いずれにしても未来がありません。  

 
これは決して沖縄県の若者だけの問題ではないように思われる。
 
都会から離れた日本の各地の農村や漁村等の第一次産業に従事している人たちが多い地域でも、よく見受けられる現象ではないだろうか。
 
新聞・テレビというマスメディアからの情報よりも、噂やデマ情報が入りやすい人間関係が強い選挙区ほど、このような傾向が強いことは、昔から選挙では「自民党は農村部に強い」と言われてきた所以でもある。
 
自民党総裁で地道な地方回りを続けてきた石破茂が、アホ太郎が悔しがるほどの「善戦」をしたことが良く物語っている。
 
SNSで党のツイッターの正式アカウントのフォロワーがいくら増えても支持率には結びつかないことは最近の立憲民主党の支持率の低下ぶりを見ても実証される。
 
沖縄県知事選挙は「玉城デニーvs佐喜眞淳」ではなく「沖縄県民vs安倍政権」であることは言うまでもない。
 
次の大きな選挙は来年の参院選である。
 
結果はどうであれ、沖縄県知事選の戦いぶりを検証してその経験を来年にさらに活かすことが求められるであろう、とオジサンは思う。     

posted by 定年オジサン at 12:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。