2016年05月01日

お好みの時間・BABYMETAL

芸能界には昔から「名子役」と呼ばれる子どもたちが多く存在したが、音楽界でも未成年のグループが何組か存在していた時代もあった。
 
しかし彼ら彼女は国内での活動が中心だったが、10代の若い女性アイドルグループで海外で大きな評価を得て、現在も活躍中というグループは彼女たち以外では見当たらない。
 
2年ほど前には、こんな記事が載っていた。  
 
<BABYMETALが全米ビルボード“World Albums”で首位に>
 2014/09/12 billboard Japan
 9月20日付の全米ビルボードチャート“World Albums”でBABYMETALのアルバム『BABYMETAL』が首位をマークしている。
 これまで総合アルバムチャートである“The Billboard 200”に史上最年少でチャートインする記録も打ち立てている彼女たち。“World Albums”は米国で販売された海外のアルバムを順位化したチャートで、『BABYMETAL』は同チャートに27週登場し、先週9位から大幅に順位を上げ、今回の快挙達成となった。
 レディー・ガガのアメリカツアーにサポートアクトとして帯同するなど、人気を世界規模で拡大している彼女たち。7月には【BABYMETAL WORLD TOUR 2014】で米ロサンゼルスでライブを実施済み。更に先日【BABYMETAL BACK TO THE USA/UK TOUR 2014】の開催を発表し、海外ファンを喜ばせていた。米国では11月4日にニューヨークのHammerstein Ballroomで公演を行う予定だ。
◎米国ビルボード“World Albums”
http://www.billboard.com/charts/world-albums
 
「BABYMETAL」は、株式会社アミューズ所属の女性アイドルグループ「さくら学院」の3人の卒業生で結成された。
 
菊地最愛(MOAMETAL)と水野由結(YUIMETAL)がともに16歳で、中元すず香(SU-METAL)が18歳の未成年トリオである。
 
知る人は知る、とはいうものの、最近はファン層が10代から60代まで広がっているという。 
 
オジサンのように最近知ったという人のためには、この動画が入門書としてはふさわしいかもしれない。  
 

 
こんなサイト「BABYMETALが全米首位!海外にウケた7つの理由+メディア情報」もあり、決して無視はできないユニットである。
 
以下は代表作とでもいうべき曲であり、見て聞いた人が自分の感性で良し悪しは判断するしかないかもしれない、とオジサンは思う。 
 
KARATE

Gimme chocolate!!

Road of Resistance - Live in Japan

Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK

こんな若者たちに負けないで、今日は昔の仲間と「労働者の祭典」に参加して、山の賑わいに一役買うために出かけることにする。

 

posted by 定年オジサン at 11:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

お好みの時間・ロシアW杯アジア最終予選組み合わせ決まる

1週間前、「2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選」の組み合わせ抽選会がマレーシアのクアラルンプールで行われた。
 
20160418finalyosengroup.jpg
 
日本が入ったグループBの現時点での各国の世界ランキングは以下の通り。
 
■グループB
オーストラリア(50位)
日本(57位)
サウジアラビア(60位)
アラブ首長国連邦(UAE)(68位)
イラク(105位)
タイ(119位)
 
単に数字から見れば上位のオーストラリアと日本が順当にW杯出場の可能性が高いのだが、世界ランキング通りの試合結果にならないところが、サッカーはのみならずスポーツのまた面白い所かも知れない。
 
2年後のW杯だが、日本の初戦は9月1日に行われるホームのUAE戦で、突破を争うオーストラリアとは10月11日にアウェーで1度目の対戦を迎えることになる。 
  
<論客2人が分析 W杯アジア最終予選「日本代表」の戦い方>
 2016年4月17日 日刊ゲンダイ
 ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせが決まり、B組の日本はオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと9月からホーム&アウェーで対戦する。FIFAランク50位(日本は57位)で15年アジア杯を制したオーストラリアを筆頭に対戦相手の特徴、ハリルホジッチ日本代表のチーム作りなどを世界各国のサッカー事情に精通しているサッカージャーナリスト・河治良幸氏に語ってもらった。(聞き手・六川亨=サッカーダイジェスト元編集長)
「オーストラリアは、これからも《日本の指標》になるチームです。アジアではずぬけた実力を持ち、ハリルホジッチ監督が目指しているインテンシティー(球際の激しさなどプレー強度の意)や攻守の切り替えの速さなど高いレベルを維持しています。13年にポステコグルー監督に代わり、それまでのロングボール主体のサッカーから、パスをつなぐスタイルへと変貌を遂げつつあります」
 
――逆に日本はザッケローニ元監督時代の徹底したパスサッカーから、ハリルホジッチ監督体制になってショートカウンターも効果的に使えるチームを目指しています。
 
■「現在地」を測る格好の相手
「日本サッカーの足りない部分を、ハリルホジッチ監督は補おうとしています。これまで両国の方向性は真逆と言ってもよかったのですが、目指すモノに共通項が増え、正反対だったサッカーが近づきつつある。そういう意味でもオーストラリアは、日本の現在地を測る格好の相手と言えます。同じ第1シードでも、イランと比べるとトリッキーなサッカーは仕掛けてこないし、悪質な反則など汚いプレーもしてこない。終盤まで劣勢なら伝統的なパワープレーを使ってくるでしょうが、トータル的に戦いやすい相手です。インテンシティーで上回れば、ホームとアウェーで2連勝も夢ではないでしょう」
 
――相手の具体的な分析は2回目以降の連載に譲るとして、9月と10月の連戦各2試合は先にホームで戦い、それから9月のタイ、10月のオーストラリアとアウェーに乗り込むので時差に苦しまなくても済む。組み合わせ順にも恵まれました。
 
「日本の主力であるMF本田、MF香川、FW岡崎、DF長友といった海外組が、日曜にリーグ戦があると合流できるのは火曜日になります。今年3月のW杯2次予選では木曜(3月24日)のアフガニスタン戦で本田と香川を先発から外し、翌週火曜(29日)のシリア戦で2人をスタメン起用しました。今年9月と10月の各連戦も木曜にホームをこなし、火曜にアウェーというスケジュールです。ホームは国内組を中心にして確実に勝ち点3を奪い、アウェーは欧州組を使って勝ち点3をきっちり獲得する。ともあれ、日本は対戦順まで有利なホーム&アウェーになるとは、ここまで予想していませんでした」
 
――最終予選を迎えるに当たり、ハリルホジッチ監督は「チームは第2段階に突入した」と明言しました。
「彼にとっての第1段階は『選手を見たい。そして基礎の部分を作る』というものでした。第2段階は戦術的なバリエーションを増やし、選手起用の選択肢を広げ、フォーメーションも戦い慣れている4(DF)−3(MF)−3(FW)以外に4−4−2、4−2−3−1など多様なスタイルに対応できる選手を試していくでしょう。3月の2次予選に長身FWハーフナー・マイクを初招集しましたが、選手層の拡充を図るという意図があったと思います。アフガニスタン戦にボランチのMF柏木が、試合途中から左MFでプレーしました。あえて慣れないポジションでの起用は、ひとりの選手が複数のポジションでプレーできるかどうか――をテストしたのでしょう。ハリルホジッチ監督は、グループリーグの1位しか最終予選に進出できず、さらに最終予選も1位以外はW杯に出られないアフリカにあって、決して強国ではないアルジェリアを率いてブラジルW杯でベスト16入りを果たしました。そんなハリルホジッチ監督にとって、各組2.5出場枠のアジア最終予選は、メンタル的にも余裕を持って臨めるでしょう」
 
過去5大会連続出場しているサッカー日本代表は、年ごとに欧州で活躍する選手が増えており、レギュラーの大半が欧州組で占められてきた。
 
しかし欧州組が必ずしも移籍チームで毎試合出場しているかと言えば必ずしもそうではなく、むしろレギュラーの座を不動にしている選手は数えるほどでしかない。
 
特に2014年のブラジルW杯は、主力の本田、香川が所属チームでの出場機会が極端に少なくなっていた頃であり、その影響から予選リーグ1分2敗で最下位という惨めな負け方をして多くのサッカーファンの期待を裏切った。
 
そして主力のこの選手も所属チームでは、「本田、今季限りでミラン退団か。新監督が来季も残留なら構想外に?」という状況に置かれている。
 
女子サッカーの「なでしこジャパン」は今年のリオ五輪出場権を逃してしまった。
 
これは、2011年W杯で優勝したメンバーが依然主力を占めていたことによる、世代交代の失敗であったと、辞めた佐々木監督も認めていた。
 
世界の強豪チームにはW杯で、1982,1986,1990,1994,1998年と5大会連続出場したドイツのローター・マテウスのような選手もいるが、その間にドイツが連続準優勝以上した年は、1982,1986,1990年の3回だけである。
 
必ずしも個人の力だけでは勝てない団体球技であるので、常に新しい選手が現れる新陳代謝が活発なチームが望まれる。
 
そういう意味では、9月からの最終予選で勝ち残った選手たちがそのまま2018年ロシアW杯メンバーの主力になっているようでは、2014年の再現となるだろうと、オジサンは思っている。   

【付録】  
 
【衝撃サッカー動画】 最悪の失点シーンだけを集めた動画「お笑いゴールキーパー」

 
最後に、もっともらしいフェイクな、お笑い「史上最悪のPK合戦」で楽しんでください。
  


ラベル:サッカー
posted by 定年オジサン at 12:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

サルには分からぬ数の不思議

今年4月から小学3年生になる孫娘は、数の問題に興味を持ってきたようである。
 
既にかけ算「九九」はマスターし2ケタや3ケタのかけ算も「ひっ算」で解くことができるようである。
 
特に「九九」を習得している日本の子どもたちは、数学のレベルではともかく、算数のレベルではかなり高いようである。
 
こんな動画を見せたら、自分で紙に書いたひっ算の方が早いと言われてしまった。
  
 
   
そんな孫娘にこんな問題を出したら親から叱られてしまった。
 
「9」の数字には魔力がある。
 
下の□の中にどんな数字がはいるか考えてごらん! 

12345679×□×9=111111111

12345679×□×9=222222222

12345679×□×9=333333333

12345679×□×9=444444444

12345679×□×9=555555555

12345679×□×9=666666666

12345679×□×9=777777777

12345679×□×9=888888888

12345679×□×9=999999999


少々賢い子ならば計算しなくても、を除いて1の位同士のかけ算をすれば、すべて1の位は「1」なのでの中には、上から順に「1,2,3,4,5,6,7,8,9」の数字が入ることがわかるはずである。
 
種を明かしたら、驚いていた。  
 
次にこんな問題を見せてみた。
 
なぜ、3ケタの数字を2回繰り返した6桁の数字は必ず、1001の倍数になるのか?
 
たとえば、753753を753で割ってみると・・・答えは1001になる。
 
ということは、753753=753x1001となり、1001の倍数ということになる。
 
ところで、この1001という数字を素因数分解すると、1001=11x13x7となる。
 
したがって、753753=753x11x13x7となり、1001の倍数ということは、11,13,7の倍数でもあるということになり、必ず11でも、13でも、7でも割り切れるということになる。
 
また1001に3桁の数字をかけると、必ずその3ケタの数字の繰り返しの6桁の数字になる。
 
なぜなら、1001=1000+1と分解すれば、(1000+1)x753=753000+753=753753というわけである。
 
これも小学生ではまだまだ無理であった。
 
世の中には「世界算数大会」という大会があり、それぞれ学年ごとに分かれて自分の実力を試すことができるらしい。 
  
いくつかサンプル問題があるので、お試しを!
 
さて、2014年現在では、円周率は小数点以下13.3兆桁まで計算されているらしいのだが、昔からその桁数をどの位覚えられるのかと、多くの人たちが試みている。
 
現時点では日本では「円周率記憶の超人 101,031桁 原口證」さんらしい。
 
普通の人でもなんとかなりそうな100ケタまでの覚え方を「ギネスに挑戦!? 円周率を100桁覚える方法」より紹介しておく。
 
3.1415926535897932384664338327950288419716939937510582097
 4944592307816406286208998628034825342117067

3.14159265
産医師 異国に向こう

3589793238462
産後薬(やく)なく 産婦みやしろに

6433832795028
虫さんざん闇に鳴くころにや

841971693
弥生 急な色草

9937510
九九 見ないと

58209749445
小屋に置く 仲良く獅子子(ししこ)

92307816406286
国去れなば医務用務に病む

2089986280348
二親の苦 悔やむに やれ見よや

25342117067
不意の惨事に言いなれむな

すこしばかり練習したが、数列を覚えるための日本語の文を覚える方がもっと難しい、とオジサンは思った。 


posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

天才少女ドラマー

オジサンが学生の頃、初めてドラムを叩きながら歌う女性を知ったのは、カレン・カーペンターズのライブ演奏だったのだが、それから26年後、愛知県三重県四日市市にある少女が誕生した。
 
この女の子「川口千里 (Senri Kawaguchi)」は、両親ともに音楽に無縁だったにも関わらず5歳からドラムを始め、8歳から数々のコンテンストに優勝。

2010年(13歳) で世界的なドラムサイト「ドラマーワールド」でリンゴ・スター、ジョン・ボーナムに並び『世界のトップドラマー500人』に選出される快挙を成し遂げ、専用ページが設置されるほどになった。
 
今日は暑気払いを兼ねて、この天才少女の演奏を堪能してください。
 

 
 

デモ演奏 【壬申の乱】 by 川口千里/菅沼孝三&天地雅楽ドラムコンテストU


川口千里ちゃんが「魔界伝承」を叩いてみたvol.1?華麗飛翔編


川口千里ちゃんが「魔界伝承」を叩いてみたvol.2?激烈

どうですか、少しは暑さを忘れることができましたか?


posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

お好みの時間・サッカー妙技

昔の政治家は国民に新しい政策を訴える時には、様々な言葉を駆使して理解してもらうことに腐心していた。
 
したがって政治家の発する言葉の重みは一般人とは比較にならないほどである、と言われた。
 
大蔵大臣の時に「貧乏人は麦を食え」と言った池田勇人は、新総理に就任した際、 10年以内に国民所得を倍にする所得倍増・高度経済成長政策を発表し、「私は嘘を申しません」と、言い切っが 実際、その通りになったのだが物価も倍増してしまった。
 
「偏向新聞は大嫌いだ」とは7年8ヶ月の最長不倒政権を築きながらも不人気をかこち、マスコミと対立し続けた佐藤栄作首相がその退陣会見で言い放った言葉。
 
「テレビカメラはどこにいる。新聞記者の諸君とは話したくない。直接国民に話したいのだ」とマスコミを追い出し、 ひとりぽつんとテレビカメラに向かった。敵役の権力者として、最後までその役割に徹したのはお見事。
 
日本のコピーライター、回文作家であった土屋耕一の有名な回文にこんな作品がある。
 
「佐藤、池田総理、嘘だけ言うとさ」(さとう、いけだそうり、うそだけいうとさ)
 
池田勇人総理が自民党のテレビCMに出たときのキャッチコピー、「私は嘘は申しません」を見事に皮肉っている。
 
まあ、昔の自民党の総理大臣は振り返ってみれば、確かに嘘をついていたが、それなりに国民を意識していた「政治」を行っていたと思う。
 
残念ながら現在の安倍政権にはその微塵も全くない。
 
他愛のない嘘なら許されるのだが、本人が嘘との認識が無く、その場その場で内容が変わってしまう嘘は始末が悪い。
 
落語家や最近のお笑い芸人ならば「口八丁、手八丁」は十分に芸となるかも知れないが、政治家はそれでは許されない。
 
多くのスポーツの中で「口八丁、手八丁」は歓迎されないどころが、使ったら反則になる競技がサッカーである。
 
ゴールキーパー以外は手を使うことができず、審判に対する抗議(口撃)も許されない。
 
そのような自慢の「足技」を持ったサッカー選手と、サッカー妙技のをいくつか紹介する。
 
 





 

 
 








 
posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

お好みの時間-昭和の歌謡曲

ある程度年齢を重ね、自分の恩師とか年の離れた先輩の訃報を聞くと「ああ、そんな歳だったのだな」と納得することがある。
 
しかし中学校時代の同級生の訃報はすんなりとは受け入れることができず、「なんで、そんなに若いのに?!」と早死にを悲しむものである。
 
中学校時代に同級生だったS君が肺がんで亡くなったのは、東日本大震災が起きてから1か月ほど経った日だった。
 
中学を卒業した後も暫く付き合っていたが、当時としては真面目すぎるほどの人間で、オジサンの悪友たちは多くが高校でタバコやアルコールの味見を終えていたにもかかわらず、彼だけは一切そんなものは口にしなかった。
 
それだけに、大学卒業して高校教師になって数年経った彼と会った時には、片時もタバコを離さない彼を見て信じられないほどだった。
 
後から考えると、男子ばっかりの工業高校の国語教師になったのだが、ヤンチャな連中相手でかなりストレスが溜まりタバコに手を出したのかもしれないと思った。
 
先週、当時の仲間からそろそろ命日だからS君を偲ぶ会でもやろうと連絡が入った。
 
急に彼の顔が浮かび高校生の頃、学校は違っても会えばよく歌っていたのが当時はやっていた今は懐かしくなった歌謡曲だった。 
 
特に彼の命日にあたって、改めて彼と昔一緒に歌った当時の歌を探してきた。

すでにナツメロの部類に入っている曲ばかりだが、故人になった歌手もいるが、その他の4人はいずれも、それなりに活躍している。 
 
 骨まで愛して(城卓矢:1935年11月28日 - 1989年5月9日)
 
空に星があるように(荒木一郎:1944年1月8日生)
 
バラが咲いた(マイク眞木:1944年4月27日生)
 
 柳ケ瀬ブルース(美川憲一:1946年5月15日生)
 
 星のフラメンコ(西郷輝彦:1947年2月5日生)
 
今でもこれらの歌を聞くとS君のあの横顔を思い出してしまう。
 
あと2年で7回忌になるのだが、少しでも多くの仲間と一緒に彼を偲びたいものだと思っている。 
posted by 定年オジサン at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

お好みの時間-おもしろ動画編

昨日は施設に入居している母の満90歳の誕生日なので母の妹を連れてオバサンと施設を訪ねた。
 
当日は施設が作成した「モニタリング一覧表」について担当の介護職員から説明を受けた。
 
これは施設が3か月ごとに作成する入居者別の介護計画とその評価結果の一覧である。
 
短期目標には「誤嚥しない」「尿路感染の再発を予防する」「不安を減少させる」の3つが掲げられており、それらに対する施設側の「サービス内容」と評価が記入されている。
 
そして「特記事項」には、嚥下機能は低下しているものの自力での食事が継続的に実施されており、特に驚いたことに「集団体操に積極的に参加」とか「笑顔が多くみられるようになった」と記載されていた。
 
どうやら心身ともに健康な90歳で今後もまだまだ長生きしそうである。 
 
取りあえずホットしたので今日は気分を変えて明るい、楽しい動画をいくつか紹介したい。  
 
 
10000本以上の棒を使って「飛び上がるドミノ」 何度見ても不思議だ!

 
変わりドミノ1 
 
 
変わりドミノ2 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人間とマシーンのコラボレーションドミノ

11人のレッドブル・アスリートを動力に、25トンもの資材を連鎖させて動かすマシーン、Red Bull Klugeが登場!(Klugeとはスラングで、不完全ながらも効果的な問題解決法の意味) 様々なシーンで活躍するアスリートが壮大すぎるマシーンを動かす! 
 
 The Athlete Machine - Red Bull Kluge

アスリートが動力となって動かす大規模装置、Red Bull Kluge! 器械のトラブルなど、撮影の裏側にあったハプニングや秘話をまとめた映像はこちら

 
posted by 定年オジサン at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

お好みの時間・ユーモア編

先天的なアナログ人間であった、うちのオバサン。
 
某金融機関に勤務している時でも、電卓よりソロバンを使用していたという。
 
そんなオバサンがガラ携を使っているオジサンより早くスマートフォンに切り替えた。
 
といっても、無料のアプリをダウンロードして楽しむなんてことはせずに、使用内容は依然として電話とメールくらい。
 
そんなオバサンが、父親が景品でもらったタブレットで遊んでいる5歳の孫に影響されてかどうかは不明だが、突然、タブレットを買いたいと言いだし、ついにiPad Airを購入した。
 
それまでは、深夜の通販番組で気に入った商品を注文していたのだが、ある晩、オジサンがパソコン使用中に、ある商品を調べてくれと来たので、作業を中断して検索機能で調べてやった。
 
商品名の一部をキー入力するだけで関連商品がたちどころに画面に表示されるのを見て、自分で自由に検索したくなったことが大きな動機だった。
 
そして購入後は台所でオジサンの書斎の無線LANを使用して、四六時中、検索画面を出したり、総合サイトでの最新のニュースをチェックするようになり、食事の時に台所に入った時など、テレビのニュースを見る前に、話題の最新のニュースの内容をオジサンに説明するようになった。
 
しかしそれ以上の使い方をマスターしていないので、オジサンにとっては楽になっただけなのだが、世の中にはタブレットの魅力にはまり、なんでもできると思い込み、「タブレットの良さをしつこくアピールしてくる夫」に妻がブチ切れてユーモアあふれる反撃をするという動画があった。
 
   

   
あえてコメントは不要であろう。 

posted by 定年オジサン at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

お好みの時間・CM編

今日から週末は「合宿会議」と称して、涼しい地方でバーベキューとカラオケを楽しんできます。
 
その間は「つぶやき」はお休みしますが、替わりに最近見つけた動画を紹介します。
 

 
昔の企業CMの常套シーンは、有名人(俳優やテレビタレント、作家等)がお勧めする商品を手に持って、「私も使っています」とか、実際にその場で飲んだり、食べたりと、視聴者に購買意欲を沸き立たせる内容が主流だった。
 
最近はIT技術をふんだんに使ったものが増えてきている。
 
そんな中で、ごく普通の女子高生2人組が熱海の街を舞台に壮大な"追いかけっこ"を繰り広げるというCMがある。
 
その姿はまるで現在の"忍者"。
 
女子高生たちは熱海の街を縦横無尽に駆けまわり、まるで忍者のようにアクロバティックなアクションを繰り出していく。
 
途中、なぜかマキビシが巻かれたり、丸太が身代わりになったりと、忍術も登場。
 
壮大な追いかけっこの果てにたどり着いたのは、海岸だった。

女子高生がそこで取り出したのは、飲料水「C.C.Lemon」。
 
実はこの動画、サントリー公式チャンネルが発表したもの。
 
企画は「美人時計」で知られるBIJIN&Co. Inc.が手がけたという。
 
女子高生役として登場するのは、現役女子高生にして、プロキックボクサーの吉野楓香さん
 
アスリートとして、その身体能力を存分に発揮している。
 
オジサンも最後まで魅せられてしまい、清涼飲料水のCMとは全く気が付かなかった。
 

     2014/07/15 に公開

 
posted by 定年オジサン at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

お好みの時間11

世の中には、稀に音楽なんかに全く興味を示さない人がいる。
 
歌うことに関しては先天的に自分は「音痴」だと思い込み、絶対に他人の前では歌わない人。
 
レコードやCDを買う金があるのなら本を買って読んだほうがいいという人もいる。
 
このような人は取りあえず対象外として、それ以外の人なら、少なくとも「想い出の曲」の1つや2つくらいはあると思う。
 
想い出の曲も年代ごとに変わっていくのだが、オジサンの場合は、10代、と20代、そして40代に想い出の曲があった。
 
*
 
高校生になった年、秋に学年で遠足だったのかどうかは定かではないのだが、どこか地方に言ったときのことである。
 
当時、オジサンの耳からはなれない曲があり、一日中、口笛でその曲を奏でていた。
 
その曲が、1965年公開の東宝映画・エレキの若大-将の劇中挿入歌として、加山雄三が歌ったこの歌だった。

 

20代になってかなり時が過ぎた頃、今のオバサンと結婚を間近に控えた頃よく聴いた曲がこれだった。
 
もしも私が 家を建てたなら
小さな家を 建てたでしょう
大きな窓と 小さなドアと
部屋には古い 暖炉があるのよ
 
真赤なバラと 白いパンジー
子犬の横には あなた あなた
あなたがいて欲しい
それが私の夢だったのよ
いとしいあなたは 今どこに  ブルーのじゅうたん 敷きつめて
楽しく笑って 暮らすのよ
家の外では 坊やが遊び
坊やの横には あなた あなた
あなたがいて欲しい
それが二人の望みだったのよ
いとしいあなたは 今どこに
 
そして私はレースを 編むのよ
私の横には 私の横には あなた あなた
あなたがいて欲しい
 
そして私はレースを 編むのよ
私の横には 私の横には あなた あなた
あなたがいて欲しい
 
翌年、オジサンと結婚したオバサンは、新婚旅行から帰ってくるなり、この歌のような理想的な家庭からは程遠い生活をその後強いられるようになった。
 
「小さな家を 建てたでしょう」ではなく、新築だったが、その頃の未婚の女性が好んでいう「家付き、カー付き、ババ抜き」とは真逆の、「ジジ・ババ付き」で「大きな家」だった。
 
その後、企業戦士だったオジサンはいつもオバサンの横にはいなかった。
 
いつもオバサンはいっていたらしい、「♪いとしいあなたは 今どこに」。
 
*
 
40代に入ると、新しい歌にはついて行けず、また積極的にも覚えようとはしなかった。
 
発表されて数年たって、自主トレーニングしてようやくカラオケで歌える程度だった。
 
しかし、このデュエット曲だけは、不思議とオジサンの好みにピッタシ合い、よく歌った。
 


よく歌ったということは、よくいろいろな店に行き、そこの女性従業員とデュエットしたということなのだが、なぜだか、不思議なのは、同じ女性と2度目を歌ったことがないということだった。
 
「忘れていいの−愛の幕切れ」の歌は、まさに題名どおりになってしまい、「ロンリーチャップリン」は鈴木姉弟のデュエットが上手すぎて、オジサンとは2度と一緒に歌いたくないと、相手の女性に思われてしまったのだろうか、と今でも気に病んでいる。


posted by 定年オジサン at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お好みの時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする